化粧水の使い方|数千円からはじめるニキビ跡対策|くっきりクレーターを消す方法
婦人

数千円からはじめるニキビ跡対策|くっきりクレーターを消す方法

化粧水の使い方

クリーム

同じ化粧水を付けるのでも、付け方によって効果の出方も違いますし、保湿力も変わってくる場合があります。特に肌の水分量が不足している乾燥肌にとっては、化粧水は重要なアイテムなので、効果的な付け方をするのが大切です。乾燥肌の方は肌が刺激などに弱くなっているため、コットンで付けるよりも手で付けてあげる方が良いでしょう。コットンによるパッティングでさえ刺激になる場合もありますし、コットンの繊維が肌を傷つけてしまう場合もあります。少しでも肌へのリスクを回避するためには、少量ずつ肌になじませて浸透させて、丁寧に優しくハンドプレスしてあげると効果的です。また、化粧水を付けた後に顔全体を手で包み込むようにすれば、肌の表面温度が高まって、化粧水の浸透力もアップしてくれます。

化粧水から美容液、乳液、クリームなど、基礎化粧品には様々なものがあります。乾燥肌の方なら保湿力の高いものをアイテム別に選んで使っていて、保湿強化を図っている方もたくさんいらっしゃいます。使っている化粧品で乾燥肌がなかなか改善されないという方は、化粧水のライン使いをしてみるのが良いでしょう。ライン使いとは、基礎化粧品の全て同じブランドやシリーズでそろえて使うということです。同じシリーズで使うメリットとは、それぞれの相互作用によって、より保湿力が高まって、肌の乾燥や肌トラブルに有効に作用するという点です。単品で別々の物を使うよりも早めに効果が出やすいという傾向があり、肌トラブルも起こしにくいという特徴があります。